RSS | ATOM | SEARCH
恐怖のウッドデッキ! 施工編。 怒涛の大量写真♪
 

前回は、鉄骨のサビ止め塗りまで紹介しましたが、今日は施工編です。

鉄骨に土台を取り付け、デッキ材(床材)を張っていきます。

今回使用した材料は、場所が場所なだけにすぐ腐ってしまうものでは

危険です。なのでこんな材木にしてみました♪

「ウリン」 別名 「アイアンウッド(鉄の木)」

という材木で主にマレーシアが原産のハードウッドと呼ばれる種類の

材木です。

このウリンは耐用年数が30年以上と長いことから、公共施設のウッドデッキ

などによくつかわれます。とにかく水で腐りにくい!というのがいい!

これならこんな高い場所でも安心して使えますね(^^)v

でも、ちょっと問題が・・・・・・

この木は実は、半端なく重く、硬いんですよ!鉄の木の由来が何となく

想像できます。今回使用した材料の総重量は4トンくらいはありますね(^^^;

桁違いです!

なので、ビス(木ねじ)打ちも一苦労。普通ならただただ電動ドライバーで

止められますが、今回は違います。



左から、下穴あけキリ、座彫り(ビスの頭が出っ張らないようにするための浅い穴)、

ビス打ちの3工程が必要となります。今回使用したビスもオールステンレス製の

高級ビス1本10円くらいするビスを3000本ほど使いました(^^;

それだけでも大金です!下穴あけ等の工程を省くとすぐにビスがねじ切れてしまい、

さらにメンドクサイことになってしまいます(><)なので横着せずに地道に頑張りマス!

でもとにかく暑いアツイあつい熱いatui!!!日当たり最高なためめちゃコタエマス(><)

とにかく張ります。ひたすら張ります!


けっこういい感じになってきました♪!いい材料だけあって感じいいですね!

でもまだまだあります。ここで三分の一くらいかな!?飛び出た部分もあとわずか!



先ほどの部分から折れ曲がり、地面のあるほうへ!ここなら落ちる心配がなくなり

ました(^^;でも!でもでもでも!まったく風がありません(><)

ホットスポット状態です(><)キツイどころじゃありません!

堕ちる心配が出てきました。一気に逝きそうです(^^;

とにかくビスうちが進まない!

半端なく進みません!

普通なら、2人で3,4日でいいとこ終わるデッキなんですが、この木に限っては

別!3人で1週間もっかってしまいました(^^;

床が張り終えたら、次はフェンスです。

今までは網状のフェンスでしたが、こんかいはシンプルに牧場スタイルで♪



まず、柱を立てて、そこに柵!?になる板を張り付けていきます。

こちらのお客さんの家には2匹に大型犬がいるので飛び出て落っこちないように

隙間を調整します!落ちたらヤバイもんね(^^;



でも、あまり隙間がないと折角の景色が見れませんので、落ちない程度に見れる

程度に!

そうしてこうなりました!!!

まずは床から!



奥に見えるフェンスは一次的なもの。工事中にわんころが来ないためのものですぅ!



デッキ解禁!仮設フェンス撤去と同時にこのありさま(^^;

こうなっては仕事できませんね(^^;



どうでか!この景色!奥にはユーカリが丘のマンションも一望!



この左側のガラス部分はキッチンなんですよ!景色も最高で料理もおいしいん

だろうなぁ!



完全に奴らの遊び場となりました(^^;




最後に下から見上げて工事完了!暑い中お疲れ様でした!

author:ところ 大工, category:ウリン材ウッドデッキ, 10:48
comments(2), trackbacks(0), - -
見晴らし最高!恐怖のウッドデッキ!
JUGEMテーマ:アート・デザイン
 



見ての通り緑の中にあるウッドデッキ!気分がいいもんです♪


しかし、床部分が傷んでしまったとのこと。


通常なら、まだ気をつければ済む程度・・・・・・なんですが、


実はココ!コンナンナンデス!



 

土留めの部分から飛び出したウッドデッキなんですよ!これがやばい!


一部分の床をはがしてみると・・・・・・



 

こんな状況(^^;落ちたらイテテテテッ!では済みませんね(^^;


高さは5.5mありました!


だもんでこんな状態で仕事してます!



 

こんな事初めてですよ(><)とりあえずの解体なんですが、


すんなりとは行きませんよね!落ちないように気をつけながら作業です!



 

鉄骨の骨組みの上に土台を取り付けてありますが、それも撤去!



 

鉄骨も錆止め塗料をしっかり塗ります!


まじでこの状況は笑えます(^^;歩けるところは赤い部分の


10センチ幅のみ!


落ちないようにきをつけま〜す!続きは次回ということで!


author:ところ 大工, category:ウリン材ウッドデッキ, 01:01
comments(0), trackbacks(0), - -