RSS | ATOM | SEARCH
六角形のパーゴラ作製準備!
ここに本文を記入してください。
JUGEMテーマ:アート・デザイン
 

ブログ更新の前にちょっとお知らせ・・・使っているブログの都合によりブログのデザイン等が変わりま

した。今後とも「大工ところの建築日和」を宜しくお願いします。

さて今日のエントリーですが、明日から六角形のパーゴラ(あずまや)を作りにいきます。

初めての六角形!しかも個人的な意見により、屋根の中心部をちょっと凝った感じに(^^;

そのための準備をしました。今日は仲間の大工さんの建て前で、帰ってきた7時半頃より

スタートです。

まずは、大工さんの基本「原寸」の図面から。複雑な組み手などを作るときは必ず書きます。



そして、実際の材料と同じ寸法で作ってみます。屋根と言うのは平面状の六角形に勾配(横から

見たときの屋根の角度)が付くのですんなり寸法が出ません。通常は√2(1.4142・・・)を

使うのですが、これは45度の場合。六角形だと頂点角は60度。でも大工さん分度器は

使いません。すべて差し金(曲尺:かねじゃく)で寸法を割り出します。実際こんなのやる機会

などあまり無いのでいい勉強です(^^;

あれこれ計算し、屋根の勾配を4寸勾配にしたときの留め先(とんがり部分)の立ての角度は

おおよそ裏金の8寸4分勾配であることがわかりました(ちゃんと計算したら違うかも(^^;)

その勾配で留め先を切り、あわせてみると・・・



上から見た図。こんな感じ♪

肝心の下側は・・・



見事にぴたり!うまく仕上がることを祈ります。
author:ところ 大工, category:芸術・アート, 21:50
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.tokoro-kc.com/trackback/1095740